水引用のケースを作りました

mizuhiki_case_makeing_001

今回は、MIZUHIKIshop輪さんか製作している帯留のケースを3Dプリンターで製作しました。

mizuhiki_case_makeing_002

商品に丁度良い大きさでケースをモデリングしました。

mizuhiki_case_makeing_003

本体とフタ合わせて5時間程度の3Dプリントです。素材はABS樹脂です。ABSなので若干は収縮しますが、仕様どおりに製作できました。

mizuhiki_case_makeing_004

水引で作った帯留めが5つちょうど良く収まりました。

mizuhiki_case_makeing_005

更に外側に和紙と水引がついて可愛く完成。
今回の仕様としては、水引の帯留めが5個入るサイズでなおかつ、輸送の都合上30mm以下にするという条件でしたので、余裕を見て厚みはフタを締めた状態で27mmに設定しました。

MIZUHIKIshop輪
帯留めの他にもイヤリング、帯飾り、かんざしなど全て水引で製作されたものが販売されております。