株式会社札幌立体データサービス | 3Dプリンター 3D-CAD SolidWorks|株式会社 札幌立体データサービス
  • banner_product

先端技術を駆使しものづくりをお手伝い致します

front_page_image_3d_model私たちの使命はみなさんが思い描くアイデアやデザインをカタチにすることです。最新の3D-CAD、3Dプリンター、3Dスキャナーなどのデジタル機器を駆使し、試作品開発、製品開発をお手伝い致します。
おかげさまでこれまでに数多くの工業デザイン案件を関わらせて頂き、電子機械、農業、建築・土木、食品、医療などなど分野を問わず様々なお客様のニーズに応えて、ものづくりをしてきております。3Dの世界はデータが命です。より良いデータが無ければ3Dプリンターもその性能を発揮することができません。世の中のものづくりの流れは確実にデジタルファブリケーションへとシフトして行きます。弊社はこれまでに培った3Dデータ作成技術・ノウハウを武器に、製造現場への応用、教育業務への応用を推進しつつ、これから3Dでものづくりをしたい企業をバックアップ致します。
株式会社札幌立体データサービスは、北海道唯一の3Dデータ作成専門会社として、これからもみなさんのものづくりを応援していきます。

最新記事

  • masking_tape_test_02

    これまで3Dプリンターのヒーテッドベッドにはカプトンテープのみを使用してきましたが、今回はマスキングテープによる3Dプリントを実験してみたいと思います。 MF-1050でマスキングテープを使うのは今回が初になります。 今 …

    マスキングテープテスト

  • かれこれ5年前にソファーの滑り止めを製作したブログを書きましたが、その滑り止めが経年劣化したためリメイクしました。 当時はABSを3Dプリントする技術が無かったためPLAで製作。 PLAは強度はありますが、長年使用する部 …

    5年使用した3Dプリント品をリメイク

  • steel_rack_convenient-parts_08

    最近はスチールラックのDIYネタばかりでスミマセン、今日で最終回です。 今日はスチールラックの横に追加で棚を増やすDIY×3Dプリントです。 スチールラックの横がデッドスペースになっているということはよくあることだと思う …

    スチールラックの横に追加の棚を設置してみる