3Dモデリング

3d_modeling_banner_w630

あなたのアイデアをカタチに!

プラスチック射出成形品
 こんな製品あったら良いのではないか?アイデア商品の発想があるんだけど、どうやって作って良いのかが分からない。そんな皆さんのアイデアを「カタチ」にするのが私たちの役割です。
 例えば3Dプリンターで試作品を作って、後々は大量生産として売っていきたい!という場合でも企画立案、機構設計、金型製作、販売まで弊社はトータルでサポートすることができます。

どうやってアイデアを伝えたら良いのか?

私たちの身の回りにある、プラスチック製品は3D CAD(スリーディーキャド)というモノを使ってデザインし、3Dプリンターを使って試作品を作り評価し、金型を作ってそこから生産されます。
ではCADを使わなければ伝えられないのか?専門用語を理解しなければ製品開発はできないのか?そんなことはありません。弊社ではお客様からデザインしたい物を聞き取り、そのアイデアを迅速に形にすることが出来ます。
弊社に伝える方法としては、ある程度の寸法を書き込んだ漫画絵でも構いません。漫画絵に絵心が無くても大丈夫です。お客様がデータに納得して頂くまで弊社はとことんお付き合い致します。

先日とある工業製品の3Dデータ作成のお仕事を頂きました。お客様はデザイナーでありながら3D CADは所有されておらず、弊社にはPDF変換した漫画絵を送って頂きました。
送って頂いた漫画絵の図面はとても立体的でまるで三次元CADで書いたと思えてしまうくらい、必要な情報が詰め込まれておりました。その図面から3Dデータを作成するのはほんの数時間。
お客様のご希望があれば三面図に変換して、お打ち合わせに使用して頂くことも可能です。
しかし、お客様全てがデザイナーのように上手な絵をかけるとは限りません。弊社はこれまで多くの手書き図面からの3Dデータをデータ作成に成功しております。その多くのノウハウを使って皆様のアイデアを形にしてゆきます。
お気軽にご相談くださいませ。

金型構造を意識しながらモデリングできるのが弊社の強み!

kanagata_and_product
 弊社のモデリングは金型を意識したモデリングを得意としており、単なる製品デザインではなく、実現可能な製品デザインか否かを判断しながらモデリングすることが可能です。
 金型を理解しているからこそ実現できるカタチ、ご予算に対する機構の提案などが可能となっております。

CAEを取り入れて強度も解析致します

cae_analysis_003
プラスチック製品はただ形にするだけでは終わりません。目的に応じた強度も必要ですし、材料コストも考慮しなければいけません。弊社では製品に必要な強度をCAEを用いて分析し必要最低限の樹脂で最高の強度を確保できるように設計致します。
対応解析種別:von mises応力、変位、流体、製造コスト

プロのソリッドモデラーがお客様をサポート

cswp
 弊社で採用している3次元CADシステムであるSolidWorksは世界累計販売ライセンス数200万ライセンスを超えるプロフェッショナル用3次元CADシステムです。
 またそれを使用するエンジニアもSolidWorks社公認のプロライセンス取得者ですので、お客様に迅速なモデリングを提供することが可能です。

3Dデータ作成を外注するメリット

3D-CADやワークステーションを購入しなくても良い

3D-CADソフトやそれを動かすためのワークステーションを購入するだけでも200万円前後のイニシャルコストがかかります。
3Dデータ作成を外注することにより、これらのイニシャルコストを省くことが可能です。

3D-CADを担当するエンジニアを育てなくても良い

3D-CADを社内に導入した場合、それを操作する担当者がイチから3D-CADを覚えて操作することになります。3D-CADをマスターする時間が短ければ良いですが、3D-CADはとても奥が深く、マスターして実務に投入するために会社側は先行投資を続けることになります。3D-CADデータ作成を外注することにより、これらの先行投資を行わなくても済みます。

プロが製作するデータなので精度が高い&納期も早い

当然3Dデータ作成を担当するのは百戦錬磨でデザインモデリングを行っているプロのエンジニアですので、完成データの精度や、要求に対する再現性は高いものになります。
外注せず内製で行う場合には、技術にもよりますが、うまくデータが作成できない場合があり、表面上は同じデータに見えても内部は編集しにくいものであったり、3Dプリントできない形状であったり色々と問題が起こることがあります。

専門の仕事に集中できるため生産効率を失わない

3D-CAD作業が面倒だったり、あまり好きではない作業なら3Dデータ作成は外注するべきでしょう。
外注して空いた分の時間を、本業の得意な仕事に使えます。トータルのスパンで見れば3Dデータ作成を外注したほうが良いでしょう。