5年使用した3Dプリント品をリメイク

cleat_five_years_old_01

かれこれ5年前にソファーの滑り止めを製作したブログを書きましたが、その滑り止めが経年劣化したためリメイクしました。
当時はABSを3Dプリントする技術が無かったためPLAで製作。
PLAは強度はありますが、長年使用する部材としては向きません。

cleat_five_years_old_02

ABS樹脂でリメイクした滑り止め部品。やはり工業用プラスチックであるABSが一番良いです。そして以前も物と比較してキレイです。

cleat_five_years_old_03

(左)5年前に製作したもの
(右)今回製作したもの
3Dプリントの進化がよくわかる比較です。スライサーも違えば樹脂も違います。そして耐用年数や強度も違うことでしょう。

cleat_five_years_old_04

これまで使用していたゴムをそのまま再利用して完成です。